« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

財務諸表は企業の手相?!

中小企業診断士の更新ポイントに協力いただいている企業が決算しましたので、財務分析をしています。

P/L,B/Sについて売上伸長、利益分析、収益性分析、安定性分析をやって、最後にキャッシュフロー分析。この企業では今期で3回目の分析になります。

気がついたのですが、B/S、P/Lの分析結果がキャッシュフロー分析に集約されていくんですね。なるほど。。。

この企業ではもうすぐ2年のお付き合いになるのですが、思い起こせば最初のきっかけは財務分析でした。その時に社長に言われたのは「何でそんなことまでわかるの?」「なんだか占いみたいだなぁ」と。

コンサルタントは占い師、財務諸表は企業の手相といったところでしょうか。手相を見ればピタリと当たるものです。




| | コメント (2)

Twitterを始めてみました

先日のIT.研究会での私。ふと思いつきで「Twitterって企業内で役に立つのでしょうか?」と口走りました。でも、その後のディスカッションについていけません。だって、Twitterをやってないから・・・

「なんでもやってみようがIT.研究会のモットー」・・・・・じゃなかったっけ?あれ・・・違った・・・

ま、とにかく、やってみました。Twitter。

昨日からパソコンで始めて、今日は携帯からも。日常を垂れ流ししてみました。

うーん、何か楽しい。たまにフォローもらえるもの嬉しいから?それもあるが・・・

よくTwitterを「一行ブログ」と呼ぶ人がいますが、ブログとはまったく違います。言ってみれば、ブログは「ストック」なのに比べてTwitterは「フロー」。少し小難しい表現に挑戦してみると、ブログはコミュニケーションにより創発された知がネットに溜まるのに対し、Twitterは創発された知を頭に溜めるしかない。しかし、その知はよりシンプルで明確・・・

やっぱりたった一日だけで頭を整理することはできません。少しつぶやき方を工夫するなりしていろいろ試してみたいと思います。

| | コメント (2)

BSCで1年過ぎて・・

中小企業診断士の更新ポイント活動に協力していただいてる企業へBSCのスコアカードをベースにした議論を中心に、毎月訪問が1年以上が続いています。

この事実は、いかにBSCが経営者とコンサルタントのコミュニケーションツールとして使えるかを示していると思います。

設定したアクションアイテムについては、実は多くは達成できていません。しかし、達成できたものの一つ、棚卸管理のやり方を変えたのですが、これは非常に効果があり、このことがBSCが役に立つことを実感してもらえたようです。

達成できなかったアクションが多かった要因は、多分欲張りすぎたことかなと考えます。あれもすべき、これもすべきの「べき論」でアクションを考えたのかなぁ。

この1年で大きく環境が変わりました。リーマンショックに端を発した景気の大幅な後退とゆるやかな回復、政権交代による政策の変化などなど。
戦略を見直さなければなりません。再び環境分析から始めたいと思います。

今度は「やるべき」アクションではなく、優先順位をつけて「やれる」アクションを中心にスコアカードを作っていきます。こういうのが実践しないと得ることができなかいノウハウなんですね。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »